TOPページ

佐久間


その12: いちじく(無花果)

いちじく 耕作していない荒地の畑の隅にいちじくの木があります。
春先にボサボサだったものを剪定しておいたものです。
その時は、この木が何の木かは気にも留めませんでした。
ただ、余りに見苦しいので形を整えておいただけでした。
ところが7月の初め頃この木が「いちじく」で、
ある事がその果実から分かりました。
果実が2つ付いていたのです。わくわくしました。
いちじくは懐かしい果物です。子供のころの果物です。
お寺の境内とかで、食べたような記憶があります。
何十年間も忘れていた果物でもあります。
一日に1個熟す、果実になってから一ヶ月で熟すから、
「一熟」と名がついたといわれているようです。
漢字の「無花果」は花が咲かないのに実を結ぶことから、

いちじく 来ていると言われています。調べによると、
紀元前2000年以上前から栽培されていたとされ、
アダムとイブが腰に当てて裸を隠した事は有名な話だそうです。
この話知りませんでした。いずれにしても大変な歴史を持つ木で、
ある事が分かりました。実と葉は薬効と栄養価が高く、
不老長寿の果物で、原産地はアラビア南部だそうです。
最初に気が付いた時の2個が熟し始め、このうち1つに
アリが群がり始めたので収穫しました。熟す目安となりました。
冷蔵庫で十分冷やして、食しました。おいしかったです。
甘みがあって、こんなにおいしかったのかと改めて感じました。
子供の頃は食べる果物はあまりなく、あるものを仕方なく、
食べていた為、いちじくがおいしい果物の記憶はありません。
2個目(写真下)がもうすぐ熟します。

  枝には新たに10個余りの実が付き始めております。
  長寿の果物うれしいですねー。 夏の恵みに感謝!
 

2007年8月1日



佐久間徒然日記TOPへ戻る