TOPページ

佐久間


その178:栗事情2017の秋

栗の秋


今年の栗事情です。昨年は猿の
出没に遭い、食べ残しの栗を
拾い、どうにか栗きんとんを
少量でしたが、味わうことが
できましたが、栗の質は十分
でなく、今一つ物足りなさを
感じた年でもありました。
今年は、柿の豊作のサイクルで
期待をしながら、栗の生育状況
見守ってきました。経験則で
根拠はありません。猿の出没は
ないと思っていました。
勘が当たりました。
案の定です。

栗の秋

9月下旬に入り、栗が出回わる
ようになりました。週初めの25日
事務方の久保さんから頂きました。
29日にその栗で栗ご飯を作りま
した。今秋初の栗を食するができ
ました。栗のむき方はネットで検
索して対応をすることにしました。
水を一昼夜浸し、むくのは定番で
すが、むいた渋皮付きの栗を熱湯
に浸し手を入れられる温度になっ
たらむき始めることをネットで知
り、実践したところ、実にスムー
ズにむくことができました。
素人でも実に簡単むくことができ
ます。便利な時代です。

栗の秋

25日の月曜日以降、我が家の栗
の木からも、毬が落ち始めました。
事務所から戻った夕方と朝に見回
ことにしています。10月に入っ
た1日、落ちた毬を拾っている最中
にボロボロ落ちてくるようになり
ました。独占的に毬栗を拾えてい
ます。栗拾いがこんなに楽しい年
は佐久間に来て初めてです。
猿の来ない秋、どの位栗が拾え
るのか、ワクワクしております。
10月1日(日)は30個程の毬
を拾いました。夜中には物置の
ひさしにドスンと毬の落ちる音
の響きが聞こえてきます。

栗の秋


トタン板の響きを聞きながら夜を
過ごすの日々が暫く続きそうです。
一つの毬から大きな実が3つも入っ
ているものがあり、とにかく今秋
は自然の恵みに感謝、感謝です。
今年は近所にお裾分けができる
ことが何よりうれしいです。

写真上段:沢山の毬を付けた栗の木。
写真中段上:拾った毬栗
写真中段下:収穫した栗の実、上質の
      ものばかりです。まだ
      全体の3割ほどです。
写真下段:栗の実を取りさった後の
     毬の山





                               2017年10月5日






 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る