TOPページ

佐久間


その177:花桃のジャムづくり

ジャム


佐久間に移住した10年前に
、組の老松さんから頂いた
花桃の苗が大きくなり、
毎年、春を彩る花木として
目を楽しませてくれます。
写真下段は今春に撮影した
写真であります。
ピンクの色が百花繚乱の
時期を担ってくれております。
今年迄は咲く花のみに関心
がありました。
ところが、ふとしたきっかけで
この木に桃の実がついている
のに気が付きました。

ジャム

既にかなりの実が地面に落ち
ており、大きさ・色合いも
思いの外の状態でありました。
まだまだ多くの実が枝に付い
ており、そのうちの状態の良
ものを5,6個取り包丁で
皮をむいて食べてみました。
甘味は少ないものの、形、
香り、食感もあり、桃として
食べられるものでした。
この桃を収穫して、桃ジャム
を試しに作ってみることに
しました。初めての試みです。
皮をむき、包丁で半分に割って
種を分離してから弱火でペースト

ジャム

状になる迄煮込んでグラニュー糖
で仕上げました。結構甘味を
持っていることからグラニュー糖
の量は通常の半分以下に抑えま
した。味は想像以上の物です。
十分ジャムとして食べられます。
大きな発見です。
ジャムの色も桃色の雰囲気が
出ております。
来年以降が楽しみとなりました。
収穫し易いように剪定を行う
つもりです。

写真上段:収穫した桃の実です。
写真中段:砂糖を入れる前のペースト
写真下段:今春撮影、満開の花桃





                               2017年9月20日






 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る