TOPページ

佐久間


その147:たくわん作りへの挑戦

たくわん

「その142:耕作途上その後」で
述べた大根の栽培のその後です。
大きさは十分ではありませんでし
たが、10本の大根を収穫するこ
とができ、次の目標である沢庵
づくりに挑戦することになりまし
た。大根を綺麗に洗い、退院時
から暫く使用していた屋外の物
干しで、天日干しをすることに
しました。この物干は隣の湯下
さんが作ってくれたもので、洗
濯した後直ぐ干せるに様にとお
願いして作って頂きました。
12月初旬に天日干しを開始、
2週間の予定が管理不足で3週

たくわん

間以上干してしまいました。
干し過ぎとなってしまった感が
ありました。JAより沢庵漬け
素を購入して漬けることにしま
した。インターネットで漬け方
を研究し、手順に沿い作業を
始めました。。
12月の下旬、10本の沢庵を
仕込むことにしました。2週間
程で食べられるとありましたが
、結果として2月下旬まで置い
てしまいました。3月初旬1本
を取りだし、試食をしました。
写真下段がその時のものです。

たくわん

食感はまずまずでした。
十二分の天日干しが良かった
ようです。私はどちらかと言う
と萎びた沢庵のほうが好みです。
塩を入れすぎたせいかしょっ
ぱくなってしまいましたが・・・
種を買ってきてくれた峯山さん
に1本、NPO事務所の久保
さんにはご主人の評判が良か
った事から追加で計2本をおす
そ分けしました。15日の日曜
組の老松さん、道下さんと懇親
会を我が家で開いた折、この
たくわんを出したところ、
いつも褒めない

たくわん

老松さんが珍しく褒めてくれまし
た。今回のたくわんづくりは一応
まずまずの結果で終えることが
できました。ちょっとだけ自信が
持てました。買うとたくわんが
高い理由(わけ)が分かりました。
とにかく手間がかかります。

写真上段:天日干しの大根

写真中段上:仕込んだたくわん

写真中段下:仕込み中の容器

写真下段:出来上った沢庵       





                               2015年3月18日








 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る