TOPページ

佐久間


その146:遅れている春

入院

今年の春の気配は遅れている
ような感じがします。
一昨年から昨年にかけては一
番寒い時期にエアコンの効いた
病院にいた為か、今年は例年に
なく寒く感じています。
住んでいる浦川・早瀬の話です。
裏山の梅の木の開化が遅れてい
います。例年遅くとも2月15日
前後には一輪の開花があるので
すが今年は大幅に遅れて、一輪
の開花を確認したのは3月2日
です。

入院

二輪目が3月3日桃の節句で
した。2月下旬には2分から
3分咲き、3月に入ると満開に
なるのが通例です。やはり今年
は寒いと思います。ここ早瀬に
来て初めての事が起こりました。
鹿が庭に現れてヤツデの葉を
食べたようです。
こんなことは初めての経験です。
食べるものがないのかと思わざ
るを得ません。茶畑にも現れて
おります。茶葉も食べているの
ではないかと考えます。

入院

冬の硬い葉まで及んでいます。
新茶が心配となってきます。
先のことを考えても仕方が
ありませんが・・・

3月4日は春の陽気となり、梅
の開花は早まるのではないかと
思います。翌3月5日は20輪
余となりました。満開になるの
はもう少し時間がいるようです。
満開の様子はフォトギャラリー
でアップしたいと思います。

入院



写真上段:3月2日1輪咲き

写真中段上:3月3日2輪咲き

写真中段下:3月6日梅の木全体、
        まだまだです。

写真下段:鹿が食べたヤツデの葉。
       背丈迄、綺麗に食べ
       尽しています。




                               2015年3月8日








 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る