TOPページ

佐久間


その129:平成25年今年の秋は


皐月2 お盆を過ぎても、今年の夏は連日猛暑
が続いております。とにかく暑い。
そんな暑さの中にも秋の気配を感じ
る変化も見られるようになりました。
実りの秋へ向けた栗、柿が毬と実を
付け秋の準備をしております。ここ
にも秋の気配を感じます。今年の柿は
3年ぶりに沢山の実を付けています。
根拠のない経験則から今年は猿の出没
がないのではないかと考えています。
多分今年の山は実りが十分であると
推測しています。柿の豊作の年は山

皐月2 も豊になると経験則からそう思うの
す。あくまで予感です。裏を返せば
願望でもあります。
猿の来襲がなく、今の実りを恵みに
変えてほしい祈りにも似た願いでも
あります。
明け方の涼しさは掛け布団なしには
過せなくなりました。寝入りの時は
掛けていなくとも、朝気付くとちゃん
と掛けているのです。虫も鳴き始めま
した。この暑さもう少しの辛抱です。


 写真上段:たっぷり毬を付けた栗の木
 写真下段:3年ぶりに実を残している次郎柿、判別が難しいと思いますが沢山付けています。
 さて今年の秋はどうなるのか、楽しみと期待と不安が入り混じる今日この頃である・・・


                               2013年8月21日








 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る