TOPページ

佐久間


その123:我慢の季節


弥生 寒かったこの冬をようやく乗り越
えて春爛漫の時節に入りました。
心浮き浮きのこの時期、素直に喜べ
ない事情があります。今中国からは
黄砂、中国の大気汚染によるPM
25の汚染物質の飛来と悩ましい
問題も連日報道されている。
引越しのできない隣国、日本の先進
技術の供与での解決と経済効果にも
結びつけてほしいものだ
それはそれとして、自身の悩ましさ
は今ピークに達している。

弥生 言うまでもなく、花粉症の発症である。
今年は特に杉の花粉の量が多いと言わ
れている。ここ佐久間は当に杉の森林
の真っ只中にある。都市部に比べ大気
汚染が極端に少ない空気のきれいな町
で杉花粉と大気汚染の混合花粉ではな
い。佐久間に来て、同じ花粉症でも
症状は劇的に楽になった。東京では
この混合花粉に大いに悩ませられた
が、杉花粉のみの佐久間ではこの時
期が苦にならなくなった。
ところが今年のここ4、5日はどうも

弥生 事情が違うのである。目は痒いは、
鼻水は出るは、口の奥のヒリヒリは
変わらすで三重苦に悩まされている。
例年桜(染井吉野)が開花すると不思
議にピタッと収まるの小生の花粉症、
東京でも開花宣言が昨日(16日)に
された。佐久間では今少しの感はあ
るがもう暫くの我慢である。先は見
えて来たが、例年になく辛い思いの
昨今、お酒のおいしくないのもこの
時節、早く美味しく飲みたいものだ。


  この我慢も春を謳歌する前の試練であると考えることにしている。
  写真上段:家の真ん前の杉林
  写真中段:飛散前の花粉の実を蓄えた杉
  写真下段:杉花粉が積もり積もった玄関先のさん、中央白く見えるのが花粉(実際は黄色です)

 

2013年3月17日









 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る