TOPページ

佐久間


その118:今年の秋の栗事情


栗 朝晩の冷え込みは秋の深まりを実感す
る時節でもあります。秋といえば栗の
出来ばえと猿の出没が気になる季節で
もあります。又柿の成り具合も気にな
ります。今年の次郎柿は実が早々と落
ちてしまい、1個も成りません。
佐久間に来てからの経験則から柿が不
作の年は猿に出番が多くなると判断し
ています。今年はメインの栗の木の出
来がよくありません。去年の3分1程
度の毬の付け具合で余り期待できない
ところに9月下旬の朝とうとう猿軍団
現れました。たまたま出くわし「こらー」

森 の大声を出し一目散に逃げ始めました。
ボス猿が小生との一定の距離を置き、小
生との目が合い、睨み合いとなりました。
暫くこの状態が続いた後、ボス猿は森
の中に消えて行きました。今年の栗は
この時点で諦めました。しかしその後
彼らは現れないのです。こちらの気迫
通じたのか、とにかく今日まで猿が出
た気配がないのです。メインの木は残
念ながら残った毬は虫喰い状態のもの
が多く、殆どものになりませんでした。
それを補ってくれたのが、もう一本の
若い栗の木でした。今週から日々自然

森 恵みを得る喜びを楽しむことにして
おります。大きさといい、色艶といい
、メインの木に遜色ありません。
二代目としての風格も出てきました。
5〜60個の毬を付けています。中に
は虫喰いのものも有りますが、総じて
質は良好です。昨年のように実家・友
人に送れる程ではありません。実家だ
けには送りたいと考えております。
後は自身で楽しみたいと思います。
栗の具合と猿の出没に一喜一憂するの
が秋の行事となってしまったようです。

 ところで、あのボス猿は今何処で何をしているのであろうか・・・・

 写真上段:二代目の若き栗の木50から60個の毬をつけています
 写真中段:笑い始めた毬七つ
 写真下段:収穫に漕ぎ着けた栗、見事な栗となりました



2012年10月12日









 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る