TOPページ

佐久間


その116:新ふるさとの森づくりへの夢U


森 その111:で書いた新ふるさとの森
づくりがいよいよ動きだす。
当初はNPOの自主事業でスタートす
ることになっていたが、浜松市が始め
る中山間地域まちづくり事業へ参加する
ことになり、事業提案が承認されれば、
NPOの基金を使わず、大きな事業が
できることになる。森づくりを核とす
る観光と連携したグリーン・ツーリム
の実践を旗印に推進する長期間にわた
る事業である。現資源を活用して、佐
久間町全域の財産になるような後世に
残る事業とすることが目的である。


森 森林の間伐、鳥獣対策の柵設置、下草
刈り管理、遊歩道の整備、休憩所の確保
川遊び場所の整備等々やること数多くあ
る。基金として使える金を極力佐久間町
落とすこともNPO役割でもある。
事業提案団体の対象が地域密着型NPO
法人であることがその条件。
佐久間町の窓口として、企画立案をはN
PO、実施推進は森林組合、観光協会、
漁業協同組合等オール佐久間で取り組む
仕組みづくりの構築が求められる。
そして更に求められるのが都市部の力
借りる都市部の人達との協働である。
都市部との交流を図りながら、協働作
業を行う。当にグリーン・ツーリズム
の実践である。従来から交流のある団体
学校関係に加え、大学・企業への参加
も呼びかけ大きなネットワークづくり
が鍵となる。又、後世に注目を浴びる
佐久間町のグラウンドデザインを描く
ことも大切である。わくわくする事業
で、ここ佐久間に来て、このような事
業に関わることの巡り合わせに運命的
な出会いを実感する。
この事業の完成を見届ける迄は佐久間を
離れられない覚悟が必要となる。
8月末の第1期応募締め切りに間に合う
事業提案の作成が当面の仕事の中心に
なる。敬老会の準備を併行してフォロー
しなければならない。超繁忙状態が暫く続く。

写真上段:対象となる市有林、中央部が
       その対象区域(旧田高育英林)
写真下段:新聞に掲載された総会の記事



2012年7月25日









 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る