TOPページ

佐久間


その111:新ふるさとの森づくりへの夢


森 浜松市天竜川の上流部北遠には、
佐久間町・水窪町・春野町・龍山町
がある。この山間地は市内の水源地
でもある。命の水を育む地域でもあ
る。命の水と森との係わり考える活
動として、NPOがんばらまいか佐
久間の発足当時の6年前に森づくり
が始まった。浦川・島中峠の市有林
約1,000坪を借り受けて自然林を
造るものである。市内の団体・学校
関係と交流を図りながら、協働で
植林・整備を重ね5年経過。立派な
森に成長した。


森 自然淘汰の森づくりがコンセプト。
成長につれて手入れの必要性が徐々に
なくなり、活動母体の「環境づくり活動
委員会」の士気も薄れつつあることも
事実。環境問題への取り組みはNPO
の大きなテーマであり、事業目的でも
あることから新たな「旗」を立てる必要
に迫られていた。現在のふるさとの森
は目的・構造共誰もが気軽に入れる
ようになっていない。昨年末の理事会
で、受け皿となる場所があれば、「新
ふるさとの森をつくろう!」との合意


森 がされており、新たな場所探しが始ま
った。誰もが気軽に訪れる森で後世に
残る森づくりを基本理念にした事業とな
る。皆の想いと今迄協働して来た市内の
支援者の賛同が市を動かし、浦川にある
市有林・通称「田高育英林」を植林と遊
歩道整備の場所として借り受ける事にな
った。この田高育英林、林業がまだ元気
な時代に地元の資産家田高家が子供達
の育英資金に活用する目的で旧佐久間
町に寄贈した山林である。この山林に新
しい森づくりを計画している。今まで共
に森に係わった国際ソロプチミスト浜松

森 代表で女医の山本先生・静岡理工科大学
の荒木先生を中心とした団体・学校関係・
ボランティアグループとの協働を図りな
がら下流部との交流を深めていくプロ
ジェクトだ。山本先生は「子供の健康
と命を守る会」の会長もされており、
大変エネルギッシュなおばあちゃんで
良き理解者でもある。
この事業、10年スパンの長期にわたる
もので、途中で頓挫しない覚悟と周到
な計画が求められる。どんな木を植え
るのか、皆で十分議論をして、後世に
佐久間の名所と成るような森づくりに


 なればと念じている。さて、20年、30年後にどんな景色となり、どれ程の人達が訪れているであろうか。


 写真上段 :現在のふるさとの森の全景。ここに森があることは殆どの人が気付かずに通過してしまう。

 写真中段上:理事でもある今泉さん(元佐久間高校教師)が描いたイメージ図

 写真中段下:現地視察の山本(写真中央)・荒木(写真左側)の両先生

 写真下段 :田高育英林・整備予定地の一角  




2012年2月25日






その111:新ふるさとの森づくりへの夢

その112:今年の梅の開花は

その113:水仙の花

その114:新茶への挑戦

その115:新わらび畑

その116:新ふるさとの森づくりへの夢U

その117:そばづくりの夢V

その118:今年の秋の栗事情

その119:晩秋三景

その120:干し柿三態







 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る