TOPページ

佐久間


その88 :天竜ボート場での想い


ボート教室 9月に入っても連日の猛暑日が続き、
全国では記録更新が日々報道されてい
る。この暑さいつまで続くことやら。
しかし空は秋の訪れをそれとなく感じ
させ、朝晩の冷え込みは着実にそれ
を実感します。天竜川船明ダム上流
に天竜ボートコースがあります。
2002年高校総体開催に合わせて
整備されたボート場で、山間にある為
波が立ち難く静水の状態が保たれる
確率も高く、国内では第1級のボート
コースに入るのではないかと思う。
6コース2千メートルが取れる
漕艇場は日本にはそう多くない。

ボート教室 NPO法人がんばらまいか佐久間が
市の委託事業でふれあいワイワイ講
座という小学4年5年生を対象とした
学習教室を毎月1回、開催している。
5月に始まり翌年2月までの10講座
を様々な内容での学習をしている。
住んでいる佐久間をより知り、郷土
に誇りをもってもらうのも目的の一つ
だ。その天竜ボート場でボート教室
が9月4日(土)7名の参加で行わ
れた。大学時代ボートを漕いだ経験
から、1名足りないこともあって私
が漕ぎ手に指名された。45年ぶりに

ボート教室 オールを握ることとなった。
ナックルフォア2艇でのボート教室、
約1時間半ほどの体験はあっという
間に過ぎてしまった。戸田のボート
コースで、合宿練習に明け暮れた
我が青春時代を懐かしく想い起す。
佐久間の来てまさかボートを漕ごうと
は夢にも思わなかった。このコース
からオリンピック選手を輩出した。
地元高校出身の女子選手がその人と聞
く。こんな立派なコースと好環境にある
天竜区からはもっと多くのオリンピック
選手を送り出しても不思議ではない。


  このようなボート教室を通じてボート競技の底辺拡大に是非繋げてほしい、
 そんな想いで1番(バウ)を漕いだ。又、選手交代でコックスも務め、子供達に指導
 できたのは何とも言えない因縁を感じ、この上なく素晴らしい時間を過ごさせてくれ
 た神様(?)に感謝の気持ちで満ち溢れておりました。感謝、感謝、・・・です。


2010年9月9日









 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る