TOPページ

佐久間


その77:バイクツーリングの夢


20日の大寒の日は春到来と思わせる
暖かさで、梅の便りもあちこっちで聞
かれるようになり、寒さも今暫くの
辛抱といったところであります。
さて春本番ともなると、車でのドライブ
は心浮き立つものがありますが、もう
一つバイクツーリグの楽しみがありま
ます。バイク、イコール若者を連想し
ますが、最近おじさんライダーが品格
良くツーリングを楽しんでいる姿を多
く見かけるようになりました。
団塊の世代の人達が定年、リタイアー
を迎え、バイクにその時間をより使え
るようにになったのでしょうか。

とにかく皮ジャンに身を包みさっそう
と風を切り走行する様は格好いいの
一言。この光景を目のすると同世代の
親近感と憧れで、血が騒ぐから不思議
だ。ここ佐久間町を通り、国道151
号に通じる国道473号と天竜・二俣
町から水窪町に抜ける国道152号は
絶好のツーリングコースになっている
ようだ。山間地の割りには勾配が比較
緩やかで、平地の感覚で走行できる
のも魅力・人気となっているようだ。
おじさんライダーが隊列を組み上品に
走る様は周囲の自然と調和し絵になる
光景でもある。天竜川沿い、船明ダム

から道の駅「花桃の里」付近の天竜
ボート場を左に見ながら北上する
国道152号は秋葉ダムをを過ぎると、
視野を変え天竜川を右手に山間いを縫
うように走る。春夏秋冬四季折々の姿
を見せてくれる。バイク愛好家には
この景色はたままらないだろう。
48才の時、リタイアーしたら日本
一周をバイクで旅をしたい。そんな想
いで、自動2輪中型の免許を取得した。
17年前の当時は教習所に通ってくる
のは若者ばかり、50前のおじさんは
私のみ、場違いを感じながら教習した
ことを覚えている。しかし1教程落し

たのみで、卒業試験は一発で合格し
た。以来仕事の関係もあり、バイク
には1度乗っただけで、ペーパードラ
イバーとなってしまい今日に至ってい
る始末。佐久間に来て、ツーリング
を楽しむ中高年のさっそうとした姿を
見るにつけ、免許を取得しようと思い
立った当時が蘇ってきた。機会があれ
ば、取得の原点を実現したいと思う
昨今である。作家・ディレクターで
ある戸井十月氏がスカパー等で放映
されている「旅チャンネル」の大陸
大紀行シリーズでの完結編、140
日間バイクでツーラシア大陸を横断

 する壮大な番組がある。この番組を見ながら、この想いに代えたいと思う。
 戸井氏は今年還暦を迎える「団塊の世代の星」と言われるおじさんでもある。

 写真上段:花桃の里付近の国道152号左手は天竜ボート場の一角
 写真中段上:秋葉ダム付近の国道152号
 写真中段下:秋葉ダム上流の国道152号・ミニパーキング
 写真下段:駐輪中のバイクツーリング車群


2010年1月22日









 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る