TOPページ

佐久間


その72:もう1本の栗の木


寒露を過ぎ、ここ佐久間も朝晩の
冷え込みで、秋本番を実感する
ようになりました。8日の台風18
号は東海地方に上陸しましたが、
大きな被害もなく安堵しておりま
す。ただ、風の被害で杉の木の倒木
が相次ぎ、これが電線を切断して
あちこちで停電が起きました。
私の住む浦川・早瀬地区は朝の6時
から夜間の10時まで停電となり、
電気で生活が成り立っていることを
思い知らされた次第です。
NPOが管理する会館の懐中電灯を
を借用して、日の短くなった秋の晩を

心細く過ごしました。。
植林した木が強風で簡単に倒れると
言うことはとりもなおさず、山の手入
れが十分行き届いてないと言うこと
です。山の保全は今問題となっている
ダム建設の中止宣言と治水対策のあり
ようを問うているようにも思います。
間伐され、陽の光が入る山は下草が
生え保水力を高めると言われており
ます。地球環境問題とも絡み、山の
保全は大きな政治課題でもあります。
さて日記:その70で書いた「浅知恵」
の栗に関する続編です。



この秋の初めの頃は猿の出没が相次ぎ
栗への影響が懸念されました。
しかし、予想された程猿の襲来もなく
、老松さんのところもまずまずの収穫
だったようです。私の「浅知恵」は
結果として裏目に出ることとなりまし
た。しかし来年に向け大きなな希望が
生まれました。少年期の栗の木を発見
したことだ。それは農機具を収納する
小屋に隣接して存在しておりました。
大きな雑木の影に隠れていてその存在
に気が付きませんでした。
畑に上る時、うっとうしいこともあり
伐採したところ、この栗の木、しかも

実を付けているではありませんか。
驚きと共に、感激をしました。太陽の
陽光を十分浴び、しかも伸び伸びと立
つ姿は来年以降の収穫を約束するよと
でも言いたげに青空に向ってそびえ立つ。
今までの日陰暮らしから開放され、
さあ俺の人生はこれからだ言わんばかり
の生気を感じます。この冬剪定を含め、
十分管理をして挙げ、このもう一本の栗
木の成長を見守ってやりたいと思う事
しきりであります。この木、実の
大きさ・形と言い素質十分です。
今回、写真下段です、栗が10粒ほど
収穫できました。

   写真いずれも拡大して見れます。

2009年10月14日









 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る