TOPページ

佐久間


その67:胡瓜


7月に入りました。沖縄では梅雨明
け宣言がされ、日本列島もいよいよ
本格的な夏の到来の時節を迎えてお
ります。佐久間は梅雨の真っ只中で
小雨煙る大千瀬川で鮎釣りをする人
達が絵になるのもこの時期でありま
す。耕作地Bゾーンで栽培している
きゅうりが収穫期をむかえ連日恩恵
に預かれるようになりました。
5月NPOの仲間から頂いた苗3本
が肥料もあげない中、順調に育ちま
した。始めの内はカラスにつつかれ
くやしい思いをしたことから、今回
は動物対策をすることにし、老松さん

からもらったネットを張ることにし
たところ、効果がありその後食べら
れることなく、収穫ができるように
なった次第です。
ぬか漬けに、サラダにと恩恵を享受
しております。こんなに連続して、
安定的に収穫できるのは昨年のゴーヤ
以来であります。そのゴーヤもあち
こちで落ちた種が芽吹き今年も大豊作
の予感がします。
先月下旬には、浜北に出た折、緑化木
センターで買い求めたブルーベリーの
幼木も追加してCゾーンに植えました。
来年以降が楽しみであります。

今のきゅうりは地這えのものです。
これが終えるころ、又違った種類の
きゅうりの苗を頂くことになっており
引き続ききゅうり栽培を楽しめそう
です。きゅうりはハウスものを入れ
と、価格の高い安いはあるものの、
1年中食べられ野菜です。しかし夏
の路地ものが何と言っても美味しく
食べられる野菜です。取れたてを丸
かじりで食べる醍醐味はなにものに
変え難いものがあります。
きゅうりはぬか漬けで食するの
が一番のような気がします。
ぬかの手入れをしっかりして、漬けた

 きゅうり味のは格別です。ようやく耕作する楽しみが分かり始めると
 共に、それが調理の世界への探求へと広がり、心浮き立つものがあります。。
 今回栽培しているきゅうりはこれまでに20本ほど収穫できています。
 そう言えば、今日7月7日は七夕でした。

 写真上段:6月初旬、中央部に地這えのきゅうりが生育してしています。
 写真中段:ネットを設置したきゅうり畑。
 写真下段:萱を敷き、ネットに守られ生育中のきゅうり


2009年7月7日









 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る