TOPページ

佐久間


その62:飯田線と早瀬の桜


飯田線と桜 全国の桜だよりが日々報道され、当に
春爛漫・百花繚乱の時節到来です。
桜はそれぞれの土地で、それぞれの人々
の想いを込め、咲き誇ります。
桜は人生そのもののような気がします。
JR飯田線早瀬駅の沿線の共有地に桜
の大木が6本ほどあります。
ここで毎年第一土曜日又は第一日曜日
にお花見会が行われます。早瀬地区の
春のお祭りが地区の外れの三嶋神社で
行われた後、地区全員が集まり、満開
の桜の下で、懇親の宴が催されます。
今年は5日の日曜日、好天にも恵まれ
絶好の花見日和となりました。

飯田線と桜 私にとってこの催事は、大きな意味が
あります。普段NPOに勤務している
ことから、日々地域の人達と接する機会
が少なくなりがちで、このような場は
自分を売り込む又とない場ともなるの
です。桜はその出会いを演出する木で
もあります。それともう一つ絵になる
光景がこの時期見られます。飯田線の
電車と桜の風景です。満開の桜の横を
通過する電車、何とも言えない絵になる
光景です。この飯田線のポイント普段
でも鉄道マニアの撮影ポイントにもなっ
ています。大千瀬川の第二大千瀬橋梁と
早瀬駅へ至るカーブの鉄路、マニアには

飯田線と桜 たまらない魅力のようです。
飯田線の電車と桜、一年で最も絵に
なる時節でもあります。
佐久間町を走る飯田線には多くの撮影
ポイントがあります。城西のS字鉄橋
はその代表格でもあります。
写真上段は入線する天竜峡行きの電車
写真中段は橋梁に入る豊橋行きの電車
写真下段は宴の会場から見た電車
3枚ともクリックすると拡大できます。







2009年4月6日









 ご感想・ご意見・お問い合わせがありましたら、お聞かせ下さい。


 

佐久間徒然日記TOPへ戻る