TOPページ

佐久間


その25: スッキリ教室

スッキリ教室 静岡県でも最も高齢化率の高い佐久間町では、
「日本一健康づくり 佐久間」を目指しています。
高齢化対策の一つとして、予防医療に力を入れて
始めており、医療費の負担削減に繋げようとして
います。今、地方の医療は大きな転換期にあります。
医師不足・自治体病院の赤字体質と自治体の
財政状態悪化の要因ともなり、全国各地でも
大きな問題となっています。結果として安心して
十分な医療を受けられない事態が起きつつあります。
静岡県でも全国初の試みとして近隣の掛川市と
袋井市の市民病院が統合することで動いています。
安心して医療を受けられるネットワークの構築が
急務であることは言うまでもありません。
高齢化が急速に進む日本で高齢者の医療費増大は
国・地方共大きな政治・行政課題になっています。

スッキリ教室 行政も各個々人もできる限り病気にならない・ 
寝たきりにならない施策、予防の工夫を
日頃から心掛ける必要があると思います。
高齢者に体力作りの推進と生活習慣を医師と
連携し、きめ細かく指導・フォローした結果、
運動能力年齢が大幅に若くなり、結果として医療費
を大きく減少させ、高齢者が元気で活気ある町
づくりに成功している町が茨城県にあるそうです。
予防医療の重要さを更に推進させる時期来ている
ように感じます。いつも声を掛けてくれる老松さんに
誘われて健康促進講座「スッキリ教室」に参加
しました。1月18日から毎週金曜日1回計4回で
2月8日で終了しました。この講座に私を含め
女性4人男性3人計7人が参加しました。

  年齢は60代のひとが殆どで、同じメンバーの為
 親しくなるのも早く、私にとって人の輪が広がる思いで
 毎回楽しく参加することができました。
 保健士・栄養士の職員の方が講座を進行してくれ、
 隣接する佐久間病院の若手の医師による糖尿病
 の講義や運動(ウォーキング・ストレッチ)の実践の仕方・
 食の内容の大切さ等をわかり易く、進めてくれました。
 最後の回は500円の会費で健康料理を皆で作り、食しました。
 簡単に作れて栄養バランスの良いことから、
 レパートリーの一つに加えることにしました。
 早速日曜に酒のつまみとして作ってみました。
 楽しい仲間と出会えたことが何よりうれしい思いです。
 予防医療の充実が日本を元気にすると確信しています。
     

   

2008年2月14日




佐久間徒然日記TOPへ戻る